2018年もありがとうございました。そして、ようこそ2019年!

2018年も残すところあとわずか。
どんな1年でしたでしょうか?

今年も様々な方にお世話になりありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

来年は年号が変わる年。
平成になって30年も経ったなんて。
月日が経つのは早いものです。

クリスマスからお正月、日本は本当に忙しい季節。
さらに息子たち2人の誕生日がなんと12月。
しかも24日と27日!
我が家はイベント続きで本当に賑やかです。

そんな中、突然思い立ち、バレエ「白鳥の湖」を観てきました。
ウクライナ・キエフのバレエ団と管弦楽団。
あまりの美しさにうっとり見とれてしまいした。

その帰り道の25日夜、自由が丘のお店はクリスマスの飾りつけを大急ぎで外していました。
和のテイストに大変身。

欧米では年明けもずっとクリスマスを祝います。
「クリスマスの12日間」という曲は、クリスマスから1月6日の公現祭まで、毎日貰ったクリスマスの贈り物を歌った曲です。
だから、年が明けてもずっとクリスマスの飾りつけ。

日本ではすべての物に神様が宿るという考えがありますから、お正月は大事なイベント。
新しい年の神様をお迎えするために、大掃除をして、お供えもして。
気持ちもリセット。

来年早々、グレンツェンコンクールの本選があります。
そして伸居先生がシニアのためのピアノサークルを立ち上げます。
詳しくはこちらをご覧ください!

もうすぐ新しい年に変わります。
来年も良い年になりますように。

バッハコンクール地区大会で優秀賞を頂きました!

街がクリスマス一色に賑わう中、本日、バッハコンクール地区大会が紀尾井町サロンホールで行われました。

当教室の生徒さんも小学3・4年生B部門に出場し、みごと優秀賞を頂きました!
良かったですね。
おめでとうございます!

練習、沢山しましたものね。
努力は嘘をつかない。弾き込んだ音は分かります。
大人になってもこの経験は生きると思います。

次は全国大会に向けて頑張りましょう。
笑顔でその日を迎えられるように。

80歳ご婦人のレッスンでした

師走だというのに暖かな日が続きウキウキしていたら、今日は急激な真冬並みの寒さになり、凍えそうになりました。
そんな中、80歳になるご婦人が自転車でレッスンに来てくださいました。
先日、眼瞼下垂の手術をされ、まだ腫れが引いていないのに。

彼女は、月に2回のレッスンをとても楽しみに来てくださっています。
今年は他に白内障の手術も2回され、目が見えずらくなっているにも関わらず、ピアノを続けていらっしゃいます。
先日の発表会にもご出演してくださいました。 ピアノが大好きなのです。

今日はショパンの「ノクターン第2番」をハ長調に編曲したものを弾いてくださいました。
身体も小さく、手も小さいので、全身を使って指をいっぱい広げてようやく届くという感じ。
どうしてもミスタッチが出てしまいます。

でも、キチンと指摘してあげることは大事だと最近感じています。
向上心のある方なので、間違っている所を指摘してあげると、何回も練習して必ず直してくださいます。
確実に上手になっています。

そして何より、一生懸命に弾いていらっしゃるお姿に、感動します。
私の方が頭が下がる思いでレッスンをさせて頂いています。
80歳を過ぎてもプラスになっていくことに驚きをかくせません。

11月下旬紅葉


イルミネーション 自由が丘