電子ピアノでは味わえない楽しさがピアノにはある

紫陽花が美しい季節になりました。
梅雨の時期、ピアノにとっては湿気が大敵。
でも電子ピアノには関係ありません。

鍵盤の見た目は一緒だし、調律はいらないし、インテリアとしての圧迫感も無いし、レッスンが続くか分からないし、、
と電子ピアノを買う親御さんの気持ちも分かります。

なのに、なぜ、この大きくて重い生の楽器を弾くのでしょうか?

これはもう、弾いている人の感触です。
生の楽器は空気の振動です。
自分の指先の感触が作り出す音です。

自分の指で鍵盤に触れた時、それに対して弦が振動している感覚。
その振動が鼓膜を震わせ、脳に通じて心にも作用する。
弾いてる人はもちろん、聴いてる人の心にも。

弾いている時の気持ちの入り方が本物の楽器を弾くのとサンプリングされたのもを再生するのでは、やっぱり根本的に違う。
その楽しさは電子ピアノでは味わえない。

生の楽器では、感情が音を作り出す。
心が怒っている時はそういう音が出ますし、穏やかな時は美しい音色を生み出すのが生のピアノ。

一方の電子ピアノは、録音された音が出る。
やる気のない時でも、真剣に取り組んでいる時でも、金太郎飴みたいにいつも同じ音だから、弾いていても面白くない訳。

電子ピアノは、一流のグランドピアノの音はもちろん、エレピやパイプオルガン、ハープシコード、ストリングス(弦)や人の声、それにドラムの音まで出る。
だからもう、ある程度弾ける人なら遊び方(習い方)を変えてもいいくらい。
いっそのこと、電子ピアノの楽しみ方を教える電子ピアノ教室があってもいいのではないかと思ったりする。

残念なことに私の教室にはグランドピアノしかない。
うちの教室では、1/3の生徒が電子ピアノで練習している。
長く続けている生徒ほど、ピアノ所有率は高い。

因みにプロのミュージシャンがステージで演奏する電気ピアノは、電子ピアノとは仕組みが違う。
弾くと金属のリードのようなものを叩くので、空気の振動は感じるそうだ。
どちらかというとアコースティックピアノよりだ。

うちの教室ではウクレレコースがあるけれど、ウクレレが電子ウクレレだったら楽しいだろうか?
そういう意味では、楽器を弾く楽しさは、生の楽器から伝わる空気の振動なのかもしれない。

ゴールデンウィークに何をしよう

新緑が美しい季節になりました。
ゴールデンウィークには何をされますか?
緊急事態宣言のない大型連休。遠出をされる方も多いようですね。
マスクは相変わらず外せませんが、通常が戻りつつあるようで有難く感じます。

私は家族水入らずで美味しい物を食べに行ったり、2つあったレッスン室が1つになるので、引っ越しというか片付けをしています。
息子達が帰省してくれたので、主人と息子2人の男3人で、大型家具を運んでくれました。
今日もこれからコツコツお片付けをする予定です。
夕方からは、コンクールを受ける生徒の特別レッスンがあります。
こんなことをしているとあっという間に連休は終わってしまうのでしょうね。

さ、早く取り掛かろう。


白金台にある附属自然教育園にて

春です!新年度の目標を作ろう!

春です!
何かを始めたくなる季節。ワクワクしますね。

日本の新年度はやっぱり桜の咲く春なのかな。
海外だと9月入学の学校が多いけど。。
夏休みが長いから子供のころは羨ましかったな。

と、いう訳で、新年度になりました。
入学式を迎えた生徒はもちろんの事、学年の上がった生徒も、
心機一転、気持ちも新たに今年度の目標をたてましょう!

ピティナのコンペやステップなど、準備に入った生徒さんもいます。
コツコツ努力を続けるって素敵ですね。
がんばっている生徒達を見ると心から応援したくなっちゃう。
ファイトォ!

でもその一方で、学問や他の習い事が忙しくピアノは二の次の生徒さんももちろん沢山います(^^♪
でも辞めないでがんばって続けてくれてる!嬉しいです。

とにかくみんな音楽が好きになるように、一緒にがんばろうね。
秋には発表会がありますよ!

伸居講師、独立されます。

桜が満開になり、別れと出会いの季節になりました。
別れは寂しいものですが、次のステージに進むスタートラインでもあります。

当教室で約5年、講師としてご尽力いただいた伸居えり先生が、この度独立され、4月いっぱいでお別れです。
生徒さん方には大変ご迷惑をおかけする事になり申し訳ありません。

残ってくださる生徒さん達は私が責任を持って引継ぎいたします。
伸居講師のお教室に移られる生徒さん方、引き続きピアノを楽しく学ばれてください。

伸居先生にとってご自分のお教室を持たれる事は大変めでたい事。
ご開業、おめでとうございます!
そして今まで色々と力を尽くしてくださりありがとうございました。


2022.3.30撮影 千鳥ヶ淵にて

GO GO!まだまだ頑張ります!

桃の節句を過ぎると、何となく春の訪れを感じる陽気になりますね。

昨日、3月8日は私の誕生日でした。
タイトル通り、GO GO 歳!
まだまだイケイケ。てか、この言葉が昭和だな(;^_^A

令和のこの世になってもまだ戦争を始めた国があるなんて。
むか~しむかしのそのまた昔から、人間はずーっと同じことを繰り返してる。
欲望が膨らみ、正しい判断が出来ず、後にも引けない。
周りの人が何も言えないなんて。まるで、はだかの王様だ。

ウクライナの隣国ポーランドはショパンが生まれた国。
ショパンの生まれた頃はポーランドという名前が消えロシアの一部になっていた。

1830年ごろ、フランス革命はじめ、世界は革命の嵐。ポーランドの首都ワルシャワも革命が起こった。
母国を取り戻したいという気持ちが起こるのは当然の事。

ロシア軍とポーランドの人々は戦ったが、1831年、結局ワルシャワは陥落しポーランドは負けてしまった。

ショパンは深く絶望し、日記にこう記している。
「町の郊外地区は壊され、焼き払われた。ヤン!ヴィルシはきっと堡塁(ホウルイ)の上で戦死したんだ・・・捕虜になったマルツェルが見える・・・ソヴィンスキ、あの善人が悪党の手中に!・・・神よ!いるのか、いるが復讐はしないのか!・・・これでもまだロシア人の犯罪に飽き足りないというのか。」

「革命のエチュード」が作曲されたのは、この頃。1831年9月。
激しい感情が渦巻く、この練習曲には、失われた祖国への深い絶望が反映されている。

ショパンはロシアの支配下にあった祖国へは帰国せず、無国籍者としてパリでその生涯を閉じた。
遺体はパリに埋葬されたが、心臓だけは祖国に埋葬してほしいというショパンの願いを叶え、姉がコニャック付けにした心臓をドレスの下に隠してワルシャワに持ち帰った。今もなお、ワルシャワの聖十字架協会の柱の中で静かに眠っている。