コンクールを経験した生徒は成長します。

8月もすでに半ば。毎日があっという間に過ぎ去ります。
今年もピティナピアノコンペティション本選が終わりました。

今年本選出場した生徒はコンクール自体が初めて。
本当によく練習し、頑張っていました。
当日も満足のいく演奏ができました。

しかし、コンクールというのは審査員の先生の評価で決まります。
高い点も頂けた一方で、低い点も頂いたので残念ながら賞を頂くことはできませんでした。
どんな先生にも感謝の気持ちを忘れないよう、これからの学びにつなげていかなければなりません。
そうすればきっと人の心を動かすことのできる美しい音を出すことのできる人になるはずです。

コンクールを受けると、音色やピアノに対する姿勢など音楽的にかなり成長をします。
他の出場者からも刺激を受けます。
何より、音を作るという作業を通じ、耳が育ちます。

今週末、東京はグレンツェンコンクール予選です。
お盆休みですが、休んでいられません。