初期の指導って大事です。

初夏の陽気になり、汗ばむ日が続いています。

今年はコンクールを受ける生徒が何人かいます。
説明会や公開レッスンなど講座が日々沢山あるので、日曜日もお勉強に出かけています。
昨日も講座でした。色々な先生のお話を聞くと、ホント刺激を受けます。

色々な指導法があるなあ、と考えさせられます。

特に幼児はゼロからなので、教えたやり方で素直に覚えていくし、手も小さいので難しいですね。
様々な指導があるので、自分がどれを信じるか、で決まります。
これが正解という物はないので、責任重大です。

時々、他のお教室から移られてきた生徒さん。私の好みと違う手の形だったり、弾き方をなさる。
小さい時についた手の形や手首の使い方の癖や、頭を揺らす癖、耳で覚えて弾こうとする癖など、直すのはホントに大変です。
言っても見せても何しても、なかなか直らないなぁ、とため息さえ出ます。
初期の指導ってホント大事だなあ、と心から思います。